予備知識

水回りのリフォーム【浴室】

毎日のお風呂が楽しみ♪
低価格~高機能を備えたシステムバスまで幅広く対応致します!
予備知識として・・・・・
  1. 在来工法の場合、解体工事に手間が掛かる。平行して廃材処理費も掛かります。
  2. ガスや給排水の移設工事が必要な為、ガス工事、水道工事が必要。
  3. ユニットバスを据えた後に、壁や枠を作らないといけないので大工工事が必要。
    また、壁紙を貼らないといけないのでクロス工事が必要。
  4. 玄関や洗面所の入り口などが狭い、又はマンションで共有部分が狭い場合は
    ユニットバス搬入自体が難しい場合がある。 
  5. 工事終了後洗い工事が必要。
  6. 電気のスイッチを取り付けるので電気工事が必要。

※上記を含んだご提案を、弊社では必ずご納得頂ける安価で確実な施工をお約束しご提案させて頂きます

ページトップへ

水回りのリフォーム【洗面化粧台】

あら!私ってこんなに太っていたかしら?
しかも顔にしみ発見、目の下にクマが…
今まで見えなかった部分が見えてくるかも。
新しく綺麗な化粧台に入れ替えて、心も体もリフレッシュ♪
予備知識として・・・・・
  1. 商品によって寸法が様々です。良く確認しておいてください。

    寸法が現状より小さいと
    クロスの張替えが必要になる場合があります。なぜなら一概には言えないのですが、設置前の化粧台の寸法に合わせて壁紙を貼っていますので、現状より小さいサイズだとクロスが寸足らずになり,足らない部分を貼る必要があります。おまけに床に貼っているクッションフロアや床と壁の見切りとして使用する 【ソフト巾木】も同様です。

  2. お湯と水の配管を繋げる給水工事が必要です。

    大概の商品には蛇口とお湯・水のハンドルに止水栓を繋げるホースが付いているのですが、商品によってはそのホースが寸足らず、又は長すぎて止水栓に取り付ける事が出来ないなどの問題も発生する場合があるのです。追加費用を請求される場合があります。

※上記の問題を気にすることは一切不要!! 弊社では、あらゆるトラブルを想定し全てコミコミでご提案致します

ページトップへ

水回りのリフォーム【キッチン】

使い勝手が良くなると毎日の料理も楽しくなりますね~
予備知識として・・・・・

キッチンリフォームは関連する工事が多く、必要以上に費用がかかった・・・・
なんて事も良くありますのでご注意くださいね!

キッチンリフォームに必要な工事項目
  1. 解体・撤去工事 (現状のキッチンや、工事の際の廃材の処分費など)
  2. 搬入・搬出費 (使用する商品や使用材料など。特にマンションは現場調査が必要です)
  3. 水道工事 (お湯・水等の給水工事や排水工事など)
  4. 電気工事 (キッチン用の照明器具やコンセントの配線や換気ダクトなど) 
  5. 据付工事 (キッチンの据付工事)
  6. 大工工事 (場合によっては床工事が必要なります。)
  7. クロス工事 (場合によって必要となります)
  8. 清掃片付け費 (工事最終の清掃)

※お客様のご要望とご予算に応じて、必ずご納得頂けるようご提案致します。

ページトップへ
Facebook
Facebook